医学部編入後の生活について〜労働編〜

Rです。最近はじめの一歩にはまっています。

今回は医学部学士編入後の生活の中で、バイト事情について綴りたいと思います。

医学部生活はいくらかかる?

まず、医学部生として生きていくためにはどのくらいのお金がかかるのでしょうか。あまり深く考えたことが無かったので若干震えています。

当たり前ですが、生きていくためにはお金が必要です。私は6年間社会人を経験しましたが収入無しで学生をできるほどの貯金をするほど勤勉な人間ではないので、大学編入後もバイトしなければなりません。良い歳こいて奨学金までお借りしています。現状完全に社会のお荷物です。

私は国立大学に通っているので、学費は年間約54万円です。半年に一度引き落とされますが、巨大爆弾を落とされる気持ちです。

地方一人暮らしであれば家賃、電気ガス、水道代、携帯代込みで7.5万円以内には収まるでしょう。というか収めたい所です。

食費はどのくらい食べるかによりますが平均4万〜多くて5万円くらいでしょうか。

更に私はジムに通っているので月会費が7000円かかります。

以上概算すると固定費で12〜13万円程度は持っていかれます。

ここに教材費やらなんやらが乗ってきます。医学部の教材は競争が緩いのか足下見まくりの価格設定となっています。私の場合いわゆる教科書は編入直後にびびって買った組織学と生理学以外何も買っていません。医学生が直面する落第の恐怖に付け込んで高額の参考書を売り付ける独占商売の思惑には乗らねーぞということで、授業スライドと過去問のみで闘っています。

ここに飲み会や自主学習、娯楽にかかるお金が乗ってきます。

きついっすね。

私のバイト事情

決して贅沢な生活はできない医学部事情ですが、嘆いてばかりはいられません。黙って働けって話です。ここからは私のバイト事情についてお話します。

私が現在行っているバイトは以下二つです。

①塾講師

②街コンスタッフ

順にご紹介します。

①塾講師

仕事内容については特に説明不要かと思います。小中学生対象集団塾の講師で、給料は1コマ約2,000円、担当科目は算数、数学、英語です。

週3回、計7コマの授業を担当しているので講義による月給は2,000×7×4=56,000円程です。

更に月2回ほど模試やら志望校合格特訓やらが入ります。これは講義以外は時給800円で一日5〜7時間ほど働くので、1万円程上乗せされて7万円程度いただいています。

塾講師のバイトは個人的に大きなやりがいがある仕事と感じています。これは改めて記事にしたい内容でもありますが、仕事を通じて社会人時代に身に付けたプレゼン能力を維持、向上させることができるのはもちろん、教える立場になることで「教育」という我が国が抱える超大問題に正面から向き合うことができるなと感じています。

②街コンスタッフ

これは個人的に医学部生のバイトとしては超おススメです!

参加された方はご存知と思いますが、街コンに行くと店で店員さんではない街コンの主催企業の人が受付しますよね。それです。

仕事内容は超簡単です。

・街コン開始1時間前にお店に行ってプロフィールカード、ペン、感染対策用の仕切りを設置

・参加者が来店したら全力営業スマイルで受付

・街コン開始時に乾杯の挨拶

・開始時の参加者数や収支報告を本社に報告

・席替えの時間になったら声かけ

・終了の声かけ、参加者退店後プロフィールカードとペンを回収し終了

こんな感じです。

これで1イベントにつき5,000円報酬をいただいています。イベントは2時間で前後の準備時間を含めると拘束時間は三時間ほどなので、時給換算で1,600〜1,700円程度となり非常にコスパ良しです。

何より私が医学生にこのバイトを激推ししたいのは、コスパよりも「フリータイムの多さ」にあります。

受付が終わってイベントが始まってしまえば席替えの声かけをするとき以外スタッフはフリーです。本社に報告する資料の記入に数分時間は取られますが特に難しい内容ではないので一瞬です。

ですので、ほぼ2時間丸々時給をもらいながら勉強することが可能なんです!

よってテスト前だろうがなんだろうが臆せずシフトをぶち込むことができます。

医学部学士編入試験に挑戦中の皆様、是非合格後は街コンスタッフのバイトご検討ください。

現在はコロナの影響でイベントが中止になってしまうことも多々あるのですが、平均して月2回ほどはこのバイトをしています。

まとめ

ここまでの話をまとめると、塾講師7万+街コンスタッフ代1万で月8万円ほどバイトで稼いでいる状況です。苦学生としてはこれでも大きな収入です。

ただお金以外にもバイトは学生という身分ながら社会との繋がりを辛うじて感じることができる数少ないツールの一つなので、それなりにやりがいを感じながら続けています。

以上私のバイト事情でした。

最後に言いたいこととしては「貯金は十分にしときましょう!!」です

バイトに追われる余り学業が疎かになってはいけません。あくまで医師になるために医学部に入り直してるわけですから、本業は学業です。

それでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。